アメリカのトップの判断の速さを学ぶ

 カリフォルニアに来たことがある人なら、一度は行かれたことがある有名なスープとサラダのバイキングスタイルのレストラン「SOUPLANTATION」が97店舗の全店舗を閉鎖する発表しました。



コロナ問題が起きてから、売り上げはいっきに10%まで下がり、完全に閉鎖した後は、売り上げは0%です。ソーシャルティスタンスや、その他の新しい規制により、バイキングスタイルのレストランの、運営がほぼ、不可能となりました。たった60日の間に、こんなに大きく変化してしまったのです。

 オーナーは、考えに考え抜いたが、解決方法も、新しいビジネスモデルもなく、閉鎖する以外に方法はなかったとのこと。5週間前に、従業員に250万ドル相当の最後の給料を支払い、国からの援助金を受け取ったとしても、再開の道はないということで、今回の決断に至ったとのこと。42年前に、サンディエゴのサーファーだった創業者が、新鮮で健康的なフードを提供したいという思いから、オープンしたお店で、思い入れも相当あることでしょう。

 SOUPLANATIONは、新鮮で豊富な野菜と、ホームメイドの美味しいスープ、焼き立てのパンにフルーツにデザートと、十分以上に満足するお店でした。弊社のスタッフも大好きなお店でした。

 厳しい現実を受け入れ検討し、このように早い決断を下すリーダーには、きっと、また新しい何かを立ち上げることができると思います。

コメント

コメントを投稿